目の疲れ解消になる食べ物と栄養まとめ

目の疲れ解消になる食べ物と栄養まとめ

目の疲れ解消ナビ|眼精疲労回復に効果的な食べ物と栄養まとめ

 

目の疲れ解消食べ物と言えばやっぱり、ビタミン摂取が大切です。
目が疲れたときに利用したいビタミン
現代の生活にパソコンという存在は大きく関わっていますね。
非常に便利なものではありますが長い間、使っていると目が酷使されてしまいます。
なので気がついたらものすごく目が疲れていた。

 

なんてことはありませんでしたか?

 

目の疲れから肩こりに

目の疲れをたまったたままにしておくと目だけではなくて色々と問題が出てきます。
肩こりみたいになったり頭痛があったりという感じになってひどい人だと体調が何だか良くないという状況にまでなる可能性が高いのです。
なのでなるべく、パソコン操作をする際には目が疲れないようにということで色々と工夫をしなくてはいけません。
そこでちょっと取り入れてみてほしいのがビタミンです。

 

意外にビタミンを補給してあげることで目の疲れを改善することができるようになります。
この目の疲れを改善するために必要なビタミンはビタミンBを摂取するようにするといいのです。
ビタミンB剤あたりを摂取すると効率が良くなるでしょう。

 

目の疲れとビタミンの関係

目の疲れ解消ナビ|眼精疲労回復に効果的な食べ物と栄養まとめ
目の疲れにはビタミンが良いといいましたがまず、ビタミンB1は糖質の燃焼や疲労回復効果があるのですが、この疲労回復効果が目にも影響してきますので疲れたときにはとにかくビタミンB1を摂取するようにするといいです。
それにB1は疲れをとるだけではありません。

 

目にたくさんある神経もちゃんと機能してくれるように働いてくれます。
ビタミンB2もしっかりと目に働いてくれるのですが、B2は目の充血にしっかりと働いてくれます。
なので目が充血してて見た目にも心配!という時にはビタミンB2を摂取するようにしましょう。
ビタミンB1が神経の働きを助けてくれるといってましたが、B1だけではありません。
一緒にB12も神経のメンテナンスをしてくれるビタミンです。

 

なので一連のビタミンB群、B1、B2、B6、B12を一緒に摂取するようにするといいでしょう。
ビタミンB群は一緒に摂取することで力を発揮しやすいです。
もし、食事で摂取したいという場合はビタミンB群が比較的満遍なく入っている豆腐といった豆製品を食べるようにしてみましょう。
よく、目にはビタミンAがいいという話は聞くと思います。
確かにビタミンAは目にとってとても重要です。

 

目の疲れとドライアイ

目の疲れ解消ナビ|眼精疲労回復に効果的な食べ物と栄養まとめ
目の疲れと一緒に話題になるのが、パソコンの普及に伴ってドライアイの人が増えていますよね。
このドライアイには色々な原因がありますが、ビタミンAは目の粘膜を守ってくれる働きがあります。
なので粘膜が乾燥しないように活躍してくれるということです。

 

他にも、全般的な疲労回復に役立つビタミンCももちろん目の疲れに働いてくれます。
ちょっと目の疲れが気になったという人はこういったことを覚えておいてビタミンB群を摂取するようにすることと、ビタミンAとCも摂取するようにしてみると目の疲れたときの回復度が違ってくる可能性があります。
ちなみにビタミンAは緑黄色野菜などの植物性のものがおススメです。

 

普通にレバーなどの動物性を摂取し続けると蓄積して過剰症になってしまうのでその点だけは注意してパソコンワークにビタミン、取り入れてみてください。

 

目の疲れ解消にビタミンだけど外食続きだと

目の疲れ解消にビタミンが良いのは、わかったけど外食が多くて栄養バランスが難しい・・・
普段から仕事などで忙しいという理由で外食が続いていしまっている。
そんな状況の人は多いと思います。

 

ですがそういった食事が続くとなんとなく体調がよくないなと感じたことはありませんか?
そういった場合、明らかに外食が続いているというのが原因になっているのですが、色々な栄養が不足してしまっている場合が多いです。
その中にはもちろん、ビタミンの不足もあります。

 

ビタミンの不足は食べる内容によっても違ってくるのですが、大体、外食メニューというのは似た様なパターンがありますので外食によるビタミン不足という状況はしっかりと把握して回避するようにしなくてはいけません。

 

目の疲れ解消ナビ|眼精疲労回復に効果的な食べ物と栄養まとめ
まず、よくある外食のパターンとしては野菜が少なくなってしまいます。
外食の時には大抵、和食の場合は漬物、洋食の場合はサラダが付け合せになっていることが多いです。
野菜ではあるのですが、特にサラダに使われている野菜はレタスやキュウリといった淡色野菜になります。
キャベツが入ったとしても淡色野菜ですので緑黄色野菜に入っているベータカロテンが不足になりやすいです。
また、サラダの場合、水につけすぎてて水溶性のビタミンCがかなり流れているのでほとんど期待することができません。
これはコンビニなどのカット野菜でも同じです。

 

それにカット野菜の場合、切り口の変色や保存性も考えて添加物が使われています。
外食が続くと野菜類の不足によるビタミン不足が出るということを理解しておいてください。
また、外食で食べる機会が多いものとして炭水化物、そして肉が挙げられます。
炭水化物が多い場合は消費するためにビタミンB1が大量に消費されます。
そして肉の消化するためにビタミンB6もたくさん使われていきます。

 

これらのビタミンは体にいる時間も長くないために毎食、食事で摂取するようにしないといけないのですがなかなか思うように摂取できないということも多いです。
肉類の食事が続いた場合はこれだけではありません。
肉類を食べたときには大抵、コレステロールの心配も出てきます。
これらの肉類のコレステロールに対応してくれるのがビタミンCやビタミンEになります。
こういったビタミン類が外食をするごとにいつもよりも多く消費されてしまうということになりますので、外食が続いているようであれば特に水溶性のビタミン、CやB1、B6に関しては別途、摂取するように気をつけるようにしたほうがよいでしょう。

 

野菜ジュースを買って飲むようにしたり、家で野菜を多めに摂るようにしたり、サプリメントを活用したりといった具合になるべく不足しないように気をつけつつ、食事をするようにしないといけません。
サプリメントの場合は食事での摂取よりうまい具合に体に入っていかないケースもありますので、やはりできたら食事でのビタミン摂取をできるように自炊できるように努力をしてみましょう。
こういったことを改善するだけでも意外に体調がよくなったりします。
ビタミンが不足しないように注意してください。
健康補助食品などを上手に活用して、目の疲れを解消するのも賢い手段と言えます。
目の疲れ解消サプリメントめなり